☆こんなセクキャバで仕事をしてはいけない!

☆こんなセクキャバで仕事をしてはいけない!
良く分からない「夜のルール」を振りかざし、セクキャバ嬢から搾取しようとする悪質なセクキャバ店がなくなればい良いと思い、悪質店の特色をまとめてみました。

煌びやかで、お金も稼げるお水の世界ですが、そこで仕事をする人から不正に搾取しようとする悪徳店舗があることも事実です。
裁判沙汰にすることも方法の一つではありますが、その為には費用、労力、危険性などを考えると「悪質店舗をきっちり見分けてその店で仕事をしない」ということがベストな対応です。
一度悪徳店舗に入店したら、退職時に「給料の支払をしない」とか、もっとひどい場合「この先は毎日欠勤扱いにして反則金を取る」などと言い出し、なかなか退職することが出来ないという状態になってしまうかもしれません。

・面接の前にチェックすること
お店のサイトを持ってない。
セクキャバ専門のWebポータルは月額使用料1万程度からありますので、経済的な理由から載せることが出来ないということはありえません。
それ以外に訳があるのでは?と考えてしまいます。
面接前にちょっと気になる店があった場合、まず最初にHPをチェックしてみましょう。
「駅名 セクキャバ」で検索して、1ページ目に出ないお店はやめた方が良いと思います。
きちんと長く営業している店舗は、それぞれHPも当然あります。

電話の対応が感じ悪い、適当な返答をする。
電話での対応が悪いお店は、セクキャバ嬢を大切にしていないと思っても良いでしょう。
お給料についての質問に「とりあえず店へ来てから説明するから」などと適当な回答をする店は信憑性に欠けます。
時給に関しては面接してみてから決めるものですが、最初から決まっているヘアメイク代や衣装代などは電話でも回答出来ることだと思います。