男性客に指名してもらえるセクキャバ嬢とは?

☆男性客に指名してもらえるセクキャバ嬢とは?
セクキャバ嬢になりたいという若い女の子がここのところ、増えて来てるようです。
これはやはりセクキャバ嬢専門情報誌の影響もあると思います。とあるセクキャバ店での面接を担当しているスタッフに聞いたところ、面接に使う場所は最寄りのファミレスで、面接希望の女性を待っているとどの女性がセクキャバの面接に来たのか店に入ってきた時、すぐに分かるそうです。
その理由は、セクキャバの面接を受ける時点で、既にばっちりキャバ嬢ファッションとメイクで来るからだそうです。
それだけセクキャバ嬢の服装や仕事を世間が受け入れているということなのでしょうか。
しかし、せっかくセクキャバの面接を受け、晴れて採用になったとしても、大半の女の子は半年以内で退職してしまう…というデータがあるようです。
やっぱり憧れだけでは、セクキャバ嬢として成功するというのは困難なことなんでしょう。

セクキャバ店では、指名を獲得出来ない女の子はどんどん退職させて、新たに女の子を入店させるという方法のお店が多いので、入店してから指名客を獲得出来ないとストレスを感じ退職してしまう女の子が多いんです。
やっと念願叶ってセクキャバ嬢としてお仕事を始めた訳ですから、指名を沢山ゲットして稼げるセクキャバ嬢になりませんか?
そのためには、お客様が思わず指名したいと思える接客の方法を覚えることが重要です。
お客様の指名を獲得するためには、自分のついた席のお客様が「またこの子に会いたい」と感じてくれるような接客を心がけるが大事です。
自分の指名客を獲得することがなかなか出来ないセクキャバ嬢には、席について会話を盛り上げるために会話を頑張ることは良いことですが、相手の男性客と会話するタイミングすら失ってしまう接客をしてる女の子が多いのです。
自分の接客に自信が持てないセクキャバ嬢は、男性客との会話が途切れて無言になってしまうことが怖くて常にお客様に話しかける会話になってしまうことが多いのです。
しかし、セクキャバ店では男性客がメインであるということを忘れてはダメです。男性客が良い気分で話すことが出来るようにおもてなしすることが「モテるセクキャバ嬢」の条件です。

セクキャバ店に遊びに来る男性客と、女の子との間にトークのキャッチボールをする気がないとお互いに初対面のケースでは、なかなかトークも盛り上がりません。
最初は、女の子から積極的に話をして、そのうちにお客様が会話にノッて来たらそこからは聞き役になり相手の話をよく聞いてあげることが大事です。
トークをする時、お酒の用意をしながら、とかデーブルの上の掃除しながら、の「~しながら」ではお客様も「俺の話、退屈なのかな?」と思われることもあります。
男性の場合は、女性のように一度に多くのことに気を配ることが難しいので、お客様が話してる間はきちんと聞いてることを態度で示しましょう。

自分の話を真面目に良く聞いてくれる相手には、好感を持つことは男性の性質です。お客様の話にうなづいて良く聞いてることを示したり
「へえ~そうなの?!」と大げさなくらいに驚くことも効果があります。

☆会話上手なセクキャバ嬢になる!
セクキャバ店で男性をおもてなしするのがセクキャバ嬢の仕事内容です。あなたはセクキャバ嬢の接客の基本は何だと考えていますか?
それは綺麗なドレスで着飾ることでも、流行りのメイクをばっちり決めることでもないのです。意外ではないでしょうか?
もちろん、セクキャバ嬢として美しくかわいくいることも仕事の一つですので、いつも身なりに気を遣うということもとても重要なことです。
外見で、お客様を魅了することも売れっ子セクキャバ嬢にとって欠かすことの出来ない条件です。

しかし外見が可愛いだけでは、男性客の指名を獲得するには不十分です。セクキャバ店は可愛い女の子とお酒を飲みながら楽しい会話をする場所ですから、トークのセンスやテクニックを覚えないといけません。
特にセクキャバの仕事を始めたばかりの女の子は、最初は指名客を取ることが出来ないので初対面のお客様の席につくことになります。
そのときに初対面で良くお互いのことを知らないからとトークが盛り上がらないようでは、次回来店したとしても自分を選んで指名してもらうことはないと言っても良いでしょう。
セクキャバ嬢に限ったことではありませんが、初対面の男性とすぐに仲良くなってトークをするということは、意外と難しいことです。そういう時にこれから記載する「売れっ子セクキャバ嬢の接客テクニック」を参考にしてみるのが良いと思います。
・トークは、言葉のやり取りである
初対面の男性客と何を喋ったらいいのか分からなくて、無言な時間を避けたいがためにずっと話続ける子が新人セクキャバ嬢には多いんじゃないでしょうか。
しかし、自分より若い女性の一方的な話を静かに聞いてくれる男性はよっぽど我慢強いタイプか、その子がとても好きかのどっちかだと思います。
最初に自分のほうから、積極的に男性客に話しかけるのは、トークをスムーズに開始するには大事ですが、いつまでも一人で話続けていては「会話のやり取り」は出来ません。
男性客が、話にノッて来たら次は相手の話をよく聞いあげる聞き役に徹しましょう。その時効果的な相槌が「うんうん」「それでそれで」など、繰り返しの言葉です。
お客様がもっと話しやすくなりますから、ぜひ使ってみてください。

それと、初対面同士ですから一つの話題のみでは会話が途切れることもあります。
そこで急に別の話題を話し始めるのもおかしいので、その前の会話に関連したことを話すようにすると自然に次の話へ切り替えられると思います。
セクキャバ店では、お客様をおもてなしする会話が一番大事です。「この女の子をまた指名しようかな」と思ってもらうことが大事なことなので、これまでに紹介した接客のテクニックを使用してお客様を楽しませましょう。

☆お客が指名したいと思える接客方法とは
毎日様々なタイプのお客様を接客するセクキャバ嬢たちはいわゆる「接客のプロ」なので、どういうタイプの男性でもそれなりに楽しい時間を過ごせるようにしてあげるテクニックを持つ女の子がい多いでしょう。
しかしセクキャバ店へ入店して初めに新人セクキャバ嬢が悩むことは、男性客が喜ぶ接客の方法について、なのです。
セクキャバで仕事をしたいと思う女の子は、服装やオシャレに関心がある子が多いため、指名を獲得出来るようなレベルの外見をクリアすることは問題ありません。しかし実際指名客の席でつき、楽しんでもらう会話をすることは最初はすごく難しいと思います。

新人として入った時は先輩セクキャバ嬢と一緒に席につき、接客の基本、マナー、おもてなしについて指導してもらいますが、それのみではわざわざ高いお金を払ってセクキャバへ来店してくれるお客様を満足させることは出来ません。
セクキャバ嬢の場合の接客方法は、風俗店の女の子のように肉体を使いお客様を満足させることは無理ですから、会話をメインにおもてなしすることで、楽しい時間を過ごしてもらうしかありません。売れっ子セクキャバ嬢ほど、自身の接客に気を遣うものなんですよ。
なかなか指名が獲得出来ないと悩む女の子は、売れっ子セクキャバ嬢の会話を参考にしてみてはいかがでしょうか?
恐らく今までの自分のやり方とは違うところが沢山あることに気が付くと思います。
「ナンバーワンセクキャバ嬢の接客とは?」控えめな接客トークが良い
普段から指名客の少ないセクキャバ嬢ほど、自分が席についたからには盛り上げて楽しんでもらいたいと思い、必要以上のトークをして頑張ってしまう傾向があるようです。
自分の話に真剣になりすぎていて、男性客が話すタイミングを掴めないまま、時間切れになってしまうことも。
○男性客が気分良く話せるよう気を配る
互いに初対面ということもありますから、男性客が話始めるのを待ってるだけではいつまでもトークは盛り上がりません。
そういう時、最初は積極的に自分から話しかけていき、男性客がくつろいできて話にノッたところで次は聞き役に徹しましょう。
絶対にNGなのは、接客中に自分が話に夢中になり、お客様の話を遮ることです。男性客がセクキャバ店での主役だということをよく覚えておきましょう。
お客様の話をうまく引き出すこと、それが売れっ子セクキャバ嬢になるための秘訣です。