セクキャバ研究科

12年前にセクキャバ嬢やってて今はセクキャバ研究科です。

恋愛において「なんでかおんなじようなタイプばっかの人から好かれる」ってことはない?
「俺を好きになってくれる子は貧乳ばっかが多い」「俺はメガネ女子にモテる」などという
傾向もあれば、「付き合う女の子のほとんどがB型」「北の国北海道出身の子と相性いい」
などなど、具体的にいう傾向を挙げる子もいる。

ヒトミの話題の前にまず「ホストもキャバクラに行くの?」ということについて。
ホストなら、毎日の日常に女の子と接してんだからわざわざキャバクラなんかに来る必要
なんかないんじゃない?って思う子もいると思うよね?

確かにホストは一般的に普通の男性よりもすごく多い回数で女の子と接する機会を持ってるけど
それはあくまでもお仕事としてなの。

確かにホストは一般的に普通の男性よりもすごく多い回数で女の子と接する機会を持ってるけど
それはあくまでもお仕事としてなの。

ると思うんだよね

それで、営業目的でキャバクラに来るホストも存在するんだよね。要は、先行投資みたいなもの!
まず客としてお金を支払って自分を気にってもらってそこから自分のお店にも来てもらうように誘い込む
っていう感じかな。

決定的な理由としちゃあとにかく美人であって、という部分かな。ヒトミは決してトークスキルが特別に
上っていうキャバ嬢ってわけでもないの。このコラムでも何回か「容姿端麗でもなくてもトークスキルや営
業努力で指名されてるキャバ嬢がいる」というお話を紹介したと思うけどそれとは全くの真逆のタイプなの

普通は努力タイプのキャバ嬢の方が伝説になりやすいかもしれないが、ヒトミのような容姿端麗のキャバ
嬢が悪いということではないんです。オトコならばぶっちゃけたところ「美人とお喋りしたい!」ていう
願望があっても不思議じゃないでしょ?

ホスト客が多いってことでヒトミはほかのキャバ嬢から「イケメンがお客で超羨ましい!!」って言われちゃう
こともあるんだって。だけど本人いわく「むしろ超気疲れすることがめっちゃある」ってのこと。

確かに同じ業種の人間であるホストもてなすってことは、一般の普通のお客様と接するより難しいかもね
例えば、ラーメン屋とで同業者が食べに来たら多かれ少なかれ緊張しちゃうでしょ?
それと同じだと思うんだ